着物折り紙の世界

着物折り紙えおりオリジナル栞

0030 めたもるふぉーず

今回の着物折り紙は,ちょっとモダンな感じのする柄に惹かれて折ってみました。これも帯合わせに苦労しました。 着物折り紙を作り始めた頃は,結構何の迷いもなく帯もすぐに決まるケースが多かったのですが,最近は迷うことがとても多くなりました。 いわゆ…

0029 SNAFFLE'S

少し前になりますが,お友達からお菓子をいただいた時に,とてもおしゃれな包装紙だったので「ブックカバーにでもしようかしら…」と考えていたのですが,思い立って「これで着物を折ってみよう」とやってみました。 お菓子屋さんの包装紙ですが,本の絵がたくさ…

0028 ぶうけ

最近よく芍薬の花を見かけます。少し前までは牡丹の花をあちこちで見かけました。これまで,あまりにもボリュームがある牡丹や芍薬の花は,私にとってなんの魅力も感じない花でした。 ところが,今シーズン初めて,ピンクの牡丹の花がまるで大きなバラのブー…

0027 日常

「限りなくさり気ない普段着」 これが今回のテーマです。 本来日本人は,毎日朝から晩まで着物を着て過ごしていたわけで,私のおばあちゃんたちは着物姿しか記憶にありません。特に母方のおばあちゃんは "磯野フネさん" そのもので,どんな時も着物に割烹着で…

0026 むすめおもい

私には子どもがいないので,「もし自分に女の子がいたら…」と考えることが時々あります。「こんな着物を着せたい」とか「あんなのはどうだろう」とかいろいろと…。その中でも「一枚は着せたい」と思っているのが,総しぼりの振り袖です。あのふっくらとした布に包ま…

0025 和洋クラシック

今日の着物の帯はちょっとクラシックなイメージで折ってみました。グレーの着物地も,ピンクの帯も,純粋な和柄なのにどことなく洋風に仕上がったような気がします。 最近の若い人たちは,着物の小物にレースやチュールなど,洋風の物を色々合わせたりします…

0024 きゃらめる

今回は「何気ない着物にしっかりした帯を合わせる」をテーマに折ってみました。 「着物」と「帯」は本当に不思議です。あまり良い印象ではなかった着物が,合わせる帯によって,一気に雰囲気のある形に仕上がったり,女性らしい匂いを漂わせたり… 洋服も着る人によ…

0023 藤

最近北海道でもようやく藤の花が咲き始めました。大きな針葉樹などに,まるでたくさんのかんざしを刺したような藤の花をよく見かけます。藤棚から垂れ下がる藤の花も美しいですが,木に絡みついて大きな木を彩る藤の花も結構好きです。 この薄紫色は,主人の…

0022 貝合わせ

とっても豪華な感じの千代紙に出会ったので「この紙で折ってみたい!」と思ったのですが,着物地に合う帯がなかなか見つからず四苦八苦しながら,ようやく落ち着いたのこの帯でした。柄×柄でもそれなりにまとまるのが着物の良さだと思いますが,「着物のボリュ…

0021 紫苑

先日,お友達のお母さんのお見舞いに行ってきました。この前お会いした時はとても元気だったのに,その後体調を崩されて車椅子生活のようでした。そのお母さんは私の母と同級生でしたので,母が亡くなった後の私のこともいつも気にかけてくれていたようです…

0020 海に憧れて

前回書いた博多帯を私自身もまだ締める機会がなかったので,この機会に締めた気分になってみようと思います。 何度も何度もたとう紙から出しては眺めていた帯ですが,日々の雑事に追われゆっくりと着物や帯を楽しむ機会もなく過ごしてしまいました。この帯が…

0019 海

まだ私が若い頃,母が博多帯を色違いで私にも買ってくれました。母の帯はこの着物折り紙の帯と同じ色で,私は朱色の地に洋風の唐草模様の帯でした。 博多帯はやはりお洒落着用ですから,普段着としてあまり着物を着る機会がなかった母は,きっと一度も締める…

0018 天竺牡丹

私がまだ学生の頃,おばの家に下宿していました。よく着物を着るおばだったのですが,ある日外出するために,こんなかんじの真っ赤な総しぼりの小紋に羽織を着ていました。30代半ばのおばがそんな色の着物を着ていることにある種の違和感を覚えながらも,「総…

0017 白薄重

今回の折り紙に似ている白地に黄緑色の訪問着を,随分前にお友達の中学生になるお嬢さんに着せたことがあります。最初にその着物を見た時は,「中学生には地味なのではないか」と感じたのですが,ご主人の海外赴任でよく着た思い出の着物らしく,「お嬢さんにも…

0016 夜会

黒地の小紋は,何度か若い友達に着せたことがあります。「お母さんのお下がりが着たい」ということで着付けしました。ちょうど私より一回りくらい上のお母さんのお嬢さんたちです。 その中で今回の作品とよく似た着物を着せたお嬢さんは,普段は天然の入ったぽ…

0015 大正桜

「この時代に生きてみたかった」と思う時代は色々ありますが,一番憧れているのが大正時代です。私のおばあちゃんたちが青春を過ごした時代です。十数年という短い時代で,その後第二次世界大戦を経験するわけですから,本当に激動の時代だったとは思うのです…

0014 青磁

我が家は夫も私も「無限」好きです。様々なことの背後に「無限」を感じると,なんとなくほっとするのです。 着物も無限を感じさせてくれます。 数限りない柄と色の組み合わせ,帯結び,いくら考えてもキリがありません。私はそういう「無限」を感じる時,目の前に…

0013 桜重ね

東京に住んでいた頃,家の横に親水公園があり,桜並木がその公園沿いにずっ〜と続いていました。家は3Fだったので,流れのように続く桜並木を上から見たり,夜に電気を消して桜の花がベランダ越しに揺れるのを見たり,桜色の朝日に起こされたりと,桜の季節…

0012 あずき桜

この着物折り紙は結構最初の方に一度インスタにアップしたのですが,地味すぎたのか反応が悪すぎたので,リベンジしてみました。 私的には,こういう地味なものを着ると落ち着いた気分になるので,気に入っています。母が残した普段着の着物のほとんどが,こ…

0011 遠い記憶

今回は友達からの依頼で作ってみました。本当に小さかった時に着ていた,写真にだけ残っている着物です。いつの間にか誰かにあげてしまっていたそうです。 その写真に写っていた彼女は,3~4歳でしょうか?本当に小さくて,着物を着た嬉しさでどこかに走り出…

0010 草木クラシック

着物というのは本当に不思議なものだと思います。 一枚の着物でも,着る人それぞれでまったく異なった趣を醸し出します。着付けをするときのまったく変わらないルールの中で同じ着物を着せても,その人の内面が自然に映し出されてしまうのです。仕上がった着…

0009 すなお

今回も子供たちの趣味に合わせて作ってみました。 若い女の子たちは,だいたい趣味が二分するように思います。ほわっとした女の子らしい雰囲気が好きな子と,シャキッとした雰囲気が好きな子がいるような気がします。 私自身,子供の頃はシャキッとしたもの…

0008 藍

「青が好き」と言ったある女の子のために折りました。 仕事柄思春期の子供たちに接することが多く,その子たちを真近でよく観察することができます。いくら思春期とはいえ,同性の私の前で何か繕おうとする仕草はまったくありません。そんな彼女たちの何の意図…

0007 桃想い

きっと関東では桃の花も終わりに近づいている頃だと思いますが,東京で暮らしていた頃,近くにとてもきれいな枝垂れ桃が咲いているお宅がありました。一本の木から,赤・白・ピンクの3色の桃の花が競うように咲いているのを,お家の方にお願いして写真を撮ら…

0006 春待ち梅

最近,道端に蕗の薹をよく見かけます。 関東ではもう梅も見頃を迎えていると思いますが,以前にも書いたように,北海道ではあと一ヶ月以上待たなければ梅も桜も咲きません。ようやく道路の雪がとけ(でもまだそこらここらに…。当然大きな山も雪をいただいてい…

0005 愛娘

お友達の子供が中学の反抗期だった頃,当時まだ独身だった私にやけになついてくれて,どこかに行く時はまるで歳の離れた親友?親子?のように,私のうしろをくっついてきたりしていました。ある春の日には,二人で夜桜を見に松前公園に行って,いろんなポー…

0004 おもひで

以前,親族に着物の訪問販売をしている人がいました。 あれはたぶん小学校の高学年くらいだったと思いますが,その人が持ってきた着物の中に,橙色の地に花車の刺繍がほどこされた名古屋帯がありました。まだ子供だった私の目にはその帯がとても美しく,ず〜…

0003 春空桜

北海道の桜はいつもゴールデンウィーク前後。昨年は5月に松前に花見に行き,その1週間くらいあとに,近くの梅園に梅を見に行きましたが,まだ五分咲きでした。 でも最近なんだかちょっと春っぽい紫がかった薄水色の空になっていて,「もうすぐ桜の季節だ〜」と…

0002 桜クラシック

最近つくづく思うのは、「人は亡くなっても、物は遺るんだなぁ…」ということです。 特に母が亡くなってからは、その後に遺された物を見るたびに、「どんな気持ちでこれを取っておいたんだろう…」と、母の心情に思いを馳せてしまいます。 この着物は、亡くなった…

0001 春の訪れ

この着物の色は、母が私に一番最初に買ってくれた着物に少し似ています。黄緑がかった色無地に近い付け下げで、とても上品な柄行きでした。優しい柄の着物を着せたいと思った今は亡き母の思いをふっと考えてみたりします。 立て矢は大好きな帯結びですが、若…

着物折り紙との出会い

着物を着るのも着せるのも大好きで、本当は毎日でも着ていたいのですが、時間もお金も、そして年齢すら限りがある中で、「着物の美しさをどうしたら楽しめるだろう…」と苦肉の策で考えたのが、この着物折り紙です。(栞としては気持ち厚みがありますが、一応「…

見本